Linuxへのお誘い

主にUbuntu系のLinuxの紹介と評価

2013年05月

Ubuntu12.10ベースになったMacOSX風ディストリ
新しい仕様の 「Pear Utilities」 がとても便利!
「Pear OS 7」は、GNOME Shellのディスクトップ環境

pear7-01
Pear Linuxは、その都度微妙に名前が変化しています。
今回は「Pear OS 7」ということのようです。サイズは約1GB程度の容量になっています。
ベースはUbuntu12.10で、Linuxカーネルは3.5、 LibreOffice 4.0.1を装備。
「Pear Linux Shell(7.0)」を採用しています。
ソフトは必要頻度の高い基本的なソフト以外は搭載していませんので、
「Pear OS Soft Ware Center」からインストールしてください。
今回は特にディスクトップ周りの使いやすさを意識した作りになっているように思われます。
というのも、デフォルトでディスクトップに「Welcome to Pear OS」というアプリがあったり、
デフォルトのドックに「My Pear」や「Clean My Pear」という設定や
システムクリーナーみたいなアプリがあったりして、
以外にも親切な作りになっているからなんです。

pear7-02pear7-03

上の画像が「My Pear」で、
主にディスクトップ周りの設定を一括して行えるようになっています。
起動は画面下のデフォルトドックの「Pear Utilities」から選択します。
Pear Linuxの場合メインメニューみたいな慣れ親しんだものが無いので、
どうやって設定画面を表示できるのかちょっと戸惑うんですが、
これがあれば何とかクリアできそうです。今回も上部に 「Cairo-Dock」 を導入しています。

pear7-04
同じように、 左の画像が 「Clean My Pear」で、「Pear Utilities」 から選択します。
ユーザークリーンナップとシステムクリーンナップで結構これも重宝します。
なかなか良いアイデアかもしれません。
デフォルトドックは前回の「Pear Linux 6」よりも使いやすくなってはいますが、
やはり 「Cairo-Dock」は必要かと思います。
なお、「Cairo-Dock」にもMac OS Xのテーマがありますのでアイコン等もマッチします。
 
pear7-05

もうひとつ新しいのが、左の画像の 「Welcom to Pear OS」です。
ディスクトップ周りの使い方を、丁寧に画像を使って説明してくれています。
ここまでは日本語化されていませんが、何とか分かる範囲内だとは思います。
いづれにしてもディスクトップ操作を誰にでも分かるような工夫をしているようです。
かなり特殊な操作の「Pear Linux」 の苦肉の策なのでしょうね。
デフォルトドックのテーマを変更できればいいのですが無理のようです。

pear7-06

「Synaptic Package Manager」 から、ibus-anthy か
ibus-mozc (両方でもいいですよ) をインストールして、
システム設定の「Langage Support」からの操作で日本語化されると思います。
なお、デフォルトのブラウザはFirefoxの最新版20.0です。

pear7-07

背景の変更は背景の選択からなのですが、
起動ではデフォルトの壁紙のみが大きく見える状態ですので、
その壁紙をクリックするとその他の壁紙が表示されます。
壁紙はシステムの壁紙とローカルの画像フォルダとカラーから選べます。
今回はローカルの画像フォルダの表示が大きくなってとても選択しやすくなっています。
全体的な動作は、 かなり洗練された機敏な操作感です。
上の画像のようにやはり 「Cairo-Dock」 があると便利に使えると思います。
「Cairo-Dock」 の左端の星マークがメインメニューになります。
やはりこのタイプのメニューは必要かも。

「Pear Linux 7」のダウンロード

●管理人のホームページ 「SugarMoon PC サポート札幌」
 

このページのトップヘ