Ubuntu12.04ベースのXfce4ディスクトップ環境
扱いやすくしかも軽くて動作も軽快。初心者向き
「Linux Lite 1.0.4 CFV(community feedback version)」

linuxlite01
昨年の10月にリリースされた、Linux Lite1.0が
11月には1.0.2、 今年の1月16日には、 Linux Lite1.0.4 CFVにバージョンアップ。
新しいディストリビューションという事もあり、
活動が活発ですのでここで紹介しておこうと思います。
基本的にはディスクトップ周りが分かりやすく、
初心者向けとしてもとてもいいXfce4のディスクトップ環境ですので、
BaseのUbuntu12.04とも相まっ て、とても軽快なディストリビューションです。
名前にLiteがついていて700MHz以上のクロック、
512MBのメモリでOKのようなことが書いてありますので、
インストールして日本語化してみることにしました。

linuxlite02
Ubuntu系なのでインストーラはおなじみのモノなのですが、
日本語を選んでHDDへインストールしても日本語化せず、
日本語フォントも入ってないので文字化けします。
とにかくインストールが完了すると再起動します。
Ubuntu系なので、 「Language Support」を起動して、 日本語を一番上に持ってきて
Japaneseをインストールすればいいと思ってたら、
インストールできなかった旨のメッセージが出ます。
この時点で設定で きてないのは、localeと日本語入力と日本語フォントなので
取りあえずは手動で設定してみます。

linuxlite03
設定マネージャーから「Install/Remove Software」でアップデートして、
「language-pack-ja」と依存パッケージをインストールした後にOS再起動。
「Language Support」にて追加のランゲージパックをインストールし
日本語を適応。この場合はファイルシステムに、「.fonts」という隠しフォルダを作成し て、
日本語フォントをコピーしておきます。
デスクトップの日本語フォントの設定も済ませて、OSを再起動します。
Xfce4環境なので、扱いやすく動作も軽くて軽快に動きます。
ソフトもほぼ揃っていて問題ありません。
日本語化については若干手こずりますが、これも ご愛嬌というところでしょうか。
動作も安定しているようです。今回もディスクトップ周りは若干いじっています。
ディスクトップにアイコンやファイルを表示しない設定にしたり、
パネル周りの色もいじっています。 ブラウザはデフォルトでFirefoxが入っています。
今回は、 Google Chrome と SuperBirdをインストールしています。

linuxlite04

「Linux Lite 1.0.4 CFV」のダウンロード

●管理人のホームページ 「SugarMoon PC サポート札幌」