debianベースとUbuntuベースで選択肢が豊富
可愛いインターフェイスのディストリビューション
「Snowlinux 3 White」はUbuntu 12.10ベース


snowlinux3-01
Snowlinuxには、Debianベースで開発されているものと、
Ubuntuベースで開発されているものがあり、それぞれに32/64ビット版用の各種バージョンがあります。
こんな感じの構成です。

「Debian-based」
 ●Snowlinux 4 "Glacier"
 ●Snowlinux 3.1 "Crystal"
 ●Snowlinux 2 "Ice"
 ●Snowlinux 1 "Cold"
「Ubuntu-based」
 ●Snowlinux 3 "White"
 ●Snowlinux 2 "Cream"
 ●Snowlinux 1 "Winter"
しかもデスクトップ環境が
Mate、Cinnamon、Gnome、Kde、Lxde、Xfce、Elightenmentを使ったプロダクトがあり、
選択範囲がかなり入り組んでいます。この辺はLinuxMintと同じような開発姿勢のようです。
今回ここで紹介するのは、UbuntuベースのデスクトップにCinnamon & Gnomeを採用した
64ビットバージョンの「Snowlinux 3 White」にしました。
理由はただ管理人の住む札幌っぽい名前だったことにつきます。
サイズは788MBで軽量です。 Libreofficeはフルバージョンで入っていますが、
それ以外はほとんど何もないというのが正直なところです。
ブラウザはFierfoxとUbuntuソフトウェアセンターは入っています。
ただしGDebiパッケージインストーラーやSynapticパッケージマネージャーなどは入っていませんので
Ubuntuソフトウェアセンターや端末からの導入になります。あしからず。



snowlinux3-02
インストールは、Ubuntu系ですので問題はありません。
ibus-mozcをインストールすれば日本語化は問題なく進みます。
とりあえずGDebiパッケージインストーラーやSynapticパッケージマネージャーなどは、
「Ubuntuソフトウェアセンター」から導入することができます。
「gdebi」や「synaptic」で検索してインストールすることができます。
今回使っているテーマは、新しく取得した 「eyecandy」というテーマですが、
下のパネルを右クリックして設定からテーマを選択するとテーマを変更できます。
追加のテーマは新しいテーマを取得からダウンロードできます。
ダウンロードしたzipファイルは、 解凍してできたファイルを
ファイルマネージャーの隠しファイルに、新しく「.themes」というファイルを作成して
ドラッグします。また、同じように「.fonts」フォルダを作って
使いたいフォントファイルをドラックすると認識します。


 snowlinux3-03
今回は、64bit版をインストールしてしまったので、
まだイマイチ環境が正常になっていません。 32ビット版にしたほうが良かったかなぁと
後悔しているところです。「Ubuntu 12.10」 ベースですので、
LinuxMintとそんなに遜色はありません。
ディスクトップ周りのデザインは、ほとんどLinuxMintと同じですが、
壁紙やアイコン関係はとても可愛い出来になっていますので個人的に気に入っています。
これといった特徴はありませんが、標準的なディストリビューションといったところです。
先程も書きましたが、使いたいソフトは的便「Ubuntuソフトウェアセンター」から
インストールしてください。動作はとても軽くてキビキビしています。

snowlinux3-04
導入後の不具合について若干書いておきます。
言語サポートでのアップデートでエラーがでます。
Firefox17.0の言語パッケージとThunderbird17.0の言語パッケージは、
何とか導入できそうです。まずFirefoxは、
☞こちらからアクセスして
「ja.xpi」をインストールすると、アドオンに言語パックが追加されます。
Firefoxのアドオン
「language-pack-install-helpe」をインストールしておくと、
現在のバージョンを見つけてくれます。次はThunderbird17.0の言語パッケージの導入です。
まずは、
 ☞こちらからアクセスして「ja.xpi」を右クリックから保存します。
 1.Thunderbirdを起動して、Tools→add-onから上部の検索窓の隣にある設定ボタンをクリック。
 2.「Install Add-on From File」をクリック。
 3.ダウンロードフォルダにある「ja.xpi」を指定してインストール。
これでThunderbirdのAdd-onsに言語パックが追加されますが。まだこれだけでは日本語化しません。
 1.ThunderbirdのEdit→Preferences→Advancedから一番下のConfig Editorボタンをクリック。
 2.I'll be careful, I promise!(最新の注意を払って使用する)ボタンをクリック。
 3.「general.useragent.locale」のValue(値)右クリックし、Modify(値を変更)。 "en_US"を"ja"に変更。
これでThunderbirdを再起動すると日本語化されます。
それともうひとつ、 Snowlinuxの 「Ubuntuソフトウェアセンター」 から
ibus-mozcを検索すると出て来ませんので、まずは synaptic で検索して
「Synapticパッケージマネージャー」をインストールしてください。
その上で「Synapticパッケージマネージャー」からibus-mozcをインストールします。
Google Chromeのインストールは、「Ubuntuソフトウェアセンター」 から
gdebiで検索して 「GDebiパッケージインストーラー 」をインストールします。
Googleから最新版の 「google-chrome-stable_current_i386 .deb」をダウンロードして
「GDebiパッケージインストーラー」で展開するとインストールできます。

Snowlinux 3 White」のダウンロード

●管理人のホームページ 「SugarMoon PC サポート札幌」